スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄龍杯初戦

 07, 2011 05:03
黄龍杯についてちゃんと要綱(?)を読んでみました。
やっぱり東風はかなり不利ですね。

賞品についても普通に書いてありましたね。
予選上位300名を4グループに分ける⇒各トップに10万円分のBitCashST
4グループ各トップの中で決定戦⇒トップに40万円分のBitCashST
決定戦勝者とプロ3名で対戦⇒トップに50万円分のBitCashST
これだと賞品総額130万な気がしないでも無いですが、算数苦手なので自信無し・・・。
いずれにせよ最後まで勝ち残れると100万円分のBitCashSTが貰えるってことですね。
そして上位1万人に入るとちょっと特別アバターがもらえるようです。

現実的に、この上位1万人でも目指してみようかと思ったり。

インパチ放銃してる上に東風で4戦消化済みの本アカではちょっとやる気しないので、
参戦するなら級卓アカ。

以下、作戦(?)です。

1.ありあり半荘戦のみで15戦
 当たり前ですが、単純にあがる機会の少ない東風戦は不利。
 また、イベント意識の無い相手と当たった場合、
 東風戦では速攻型が多そうなので、高打点の手を育てにくい。
 なしなしは、ありありより放銃を避けるのが楽というメリットがある反面、
 和了点が大分低くなってしまいそうなので、なしなし苦手な私はパス。

2.リーチには原則ベタオリ
 リーチへの放銃は多分かなり痛い。
 順位の関係無いこのイベントではツモられるのは構わないので、
  むしろ早くツモってくれることを願って、どんな点数状況でもベタオリ。

3.ケイテンなんて無い
 ケイテンでの加点は意味無いので、ケイテンなんて無いと考える。

4.九種九牌はどんな形でも流さない
 九種九牌はオリ本線、まさかの国士があがれたら大ラッキー、でいいかと思います。
 順位に意味は無いので、放銃を回避できる一局、と考えると、このイベントで九種九牌は実は美味しい?
 国士イーシャンテンからの放銃はあるあるっぽいですが・・・。

5.役無し聴牌、愚形聴牌は徹底的に避ける
 このイベントでは手役に絡まないカンチャン・ペンチャンターツは原則外す方がいい気がします。
 先に埋まって平和とかがつけばいいですけど、
 役無しドラ1ペン3待ちでリーチとか、このイベントでは多分損。
 でもオタ風アンコのペン3残りとかはさすがにリーチしちゃうかな・・・
 タンヤオ手のカンチャン残りはダマにするとしてもオリにくそうなのが悩ましい・・・。

と、ここまで書いておいてなんですが、これ、あがれなくない??

もう少し考えた方が良さそうですね。
でも、とにかく、危険牌先切りしながら手役重視、
世に言う「昭和麻雀」的手の進め方が良さそうに思います。
そう考えるとなしなしも悪い選択じゃ無さそうだけど・・・。

なんだか、この1~5を私が実践すると、
タンヤオドラ3、役牌ドラ3の手がどれだけ来るか、という配牌ゲーになってしまいそう・・・。

ちなみに、これまでの本アカでの成績から普段の打ち方でのポイントを計算すると、
8,777ポイントという結果になりました。


で、1戦やって来たんですけど・・・。

東1局、いきなり裸単騎しちゃいました。
リーチにおりるんじゃなかったの?

頑張った甲斐あって、3900点。
その後東ドラ3赤1のダマをツモ和了。12000点。

ここまで来たらオリモード。
ひたすら配牌からオリてたんですが、残り2巡になったところで、
一番安全そうな牌を探してたら痛恨の時間切れツモ切れでダブロン・・・。
-7700点&-1000点。
もうやる気なくしました。
私は五萬切ろうと思ってたの!ピンズ染めがいて生牌⑦ピンなんて絶対切りません!!

この分取り返したくてまた攻めに戻る。
タンヤオ三色赤1出和了で8000点。

初戦の結果:15200ポイント

こんないい手がいっぱい来たのに15200点・・・。
ダブロンが悔やまれる・・・。

1戦やって思ったのは、このイベント、意識するとつまらない。
配牌から基本オリを考えて、終盤合わせ打ちするだけの作業ゲー。
試合を壊してるようで申し訳ないし。
アバターなんて要らないから15戦やる前に撤退かな・・・。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。