スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

席順

 14, 2011 02:40
席順という言葉が正しいのか分かりませんが、起親/ラス親等について。

私は四麻半荘ではそんなに有利・不利を感じないというか、考えないようにしてますが、
サンマでは結構違いがあるように感じます。

私が一番戦い易く感じるのは南家スタート。
東場で起親が爆連しても振り込まなければ常に席順2位、
振り込んだ場合でも親を流すことさえ出来れば即親番を迎えられるのが良いです。
また、南場では、親番を残している人と、親番が残っていない人がいる中で親を迎えるので、
ライバルや戦い方(2位で良しとするか、トップを狙うか等)を絞り易い気がします。

私は起親の戦い方が下手です。
東場の調子が悪いと、そのままズルズル行ってしまうパターンがかなり多いです。
例えばダントツトップがいて、もう一人と競っているような状況で南場の親番を迎えると、
ここで連荘しなければトップは難しい、と押し過ぎてしまうことが多いです。
結果振り込んでラス目になり、安手を和了っても仕方無くなってしまい、
また、トップ目もしばらくは無理はしないため、暫定2着目の親番が連荘しやすく、
ますますダントツのラスになってしまいます。
逆に、東場そこそこ調子が良いと、守りに入りすぎてしまい、
親番を残した2人のいずれかにまくられて、結局2位、というのも結構多いです。
私には、東1で圧倒して戦位喪失させる、以外に起親の勝ちパターンが無いのが現状です・・・。

北家はというと、オーラス、全員に十分な点数が残って無くて、
ラス目からあがるとラス目を飛ばして終了してしまう、というような展開がままある印象です。
自分はあまり経験無いですが、東1、東2で親がツモ和了の嵐、
自分に親番が回って来る頃には点数が全然なく、2人が速攻体制で一人蚊帳の外、とかもよく目にします。
なんとか食らいついてオーラス勝負に持ち込めれば有利なのはあると思いますが、
そういう状況になると早さ最優先の安和了を連発してしまい、
あと一息のところでトップ目が本領を発揮し、競り負けることの多い、ゴミ手速攻型になってしまう私です・・・。

なるべく確変中以外の起親は勘弁ですが、起親スタートの時の南場の戦い方や
オーラスの戦い方をこれから少し改善していけばもう少し戦績も良くなるかもしれない、
と信じて頑張っていきたいです。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。