スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント

 27, 2011 12:45
雀龍門でイベントが始まりました。

雀龍門は、グラフィック、声の演出、マクロチャット等のプレイ中の要素、称号や再戦等の対戦中の要素など、より「ゲーム」っぽいと思うので、こういうイベントにはとても適していると感じます(天鳳は天鳳でRPGゲームっぽいような気もしますが)。永久利用のアイテムがあると、私もイベントには結構参加してしまい、なしなしイベントの時も、成績をボロボロにしながら、ひたすらなしなしを打ち続けました。

今回のイベントは特に何も考えず、とりあえず普通にプレイしてたらポイントが貯まりそうですが、全部達成を個人目標に、少し手役を意識してプレイしています。「二色のハーモニー」はちゃんと読まず、一盃口だと思って、一盃口を狙ってあがりましたが、どうやら混一のことだったようです。

以前のパネルイベント(指定役をあがってパネルをどんどん開いていくイベント)でも全帯ヤオと純全帯がありましたが、今回も全帯ヤオと純全帯を分けているみたいです。雀龍門的こだわりでしょうか?私は全帯ヤオを狙うことは基本的に無いので、パネルクリア時同様、全帯ヤオが一番達成出来なそうです。だいたい翻牌対子ある時は早さ優先、オタ風対子ある時は平和か対子手、字牌対子が多い時は混一を狙うので、全帯ヤオって狙い時が分かりません。字牌対子が多い混一の時とかでしょうか。純全帯なら、端の三色が出来そうな時にも狙いやすく、1~3、7~9がドラであれば、決め打ち気味に打って、鳴いて純全帯三色ドラ1でも、点数もそこそこ見込めるので狙ったりもするのですが。

イベントのために手役を意識しようと、昨日は久しぶりに苦手ななしなしに参戦しました。東1局でいきなり親にリーチ一発断ヤオ平和ドラ1赤1のハネマンに振り込むも、一時暫定トップに立ち、3万点超え2位で終了でした。その甲斐あって、五段になりましたが、結局ありありに戻り、なしなし入れて計3戦で16ポイント、6~9、11以外は達成しました。全帯ヤオ手と対子手が好きじゃない、という分かりやすい途中経過です。

折角天鳳に課金しましたが、50ポイント貯めるまでは雀龍門やろうか、悩んでます。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。