スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点数状況がもたらす和了

 06, 2012 00:00
東3局、西家。ツモられ貧乏の15000点持ちラス。
トップ目の下家さんとは25900点差、親の対面さんとは13200点差、上家さんとは900点差。

目指せラス回避!という状況で貰った配牌。
2012010319gm-1.jpg
配牌ドラ5の役アリ2向聴!!
垂涎の配牌です。

ところが聴牌一番乗りは上家さん。
2012010319gm-2.jpg
下家の私の捨て牌が異様なことになってます。
ドラも見えて無いし、役無し愚形、点数状況的にリーのみをアガる意味も無いということで、ダマです。

さて、場は中盤。
こちらは親の対面さんの手。
下家の7s、ポンすれば残り1枚の東バックの聴牌に取れます。
2012010319gm-3_revised.jpg
対面さんは、かなりラグらせたのち、スルー。
この点数状況だから、面前聴牌しなければオリようという判断と思います。


対面さんのラグに一番おびえてたのは他でも無い私。
チー押したのにチー出来ず、誰かが7s対子で持ってることは明らか。
ただでさえ4s二度受けなのに、この7sが鳴けないとかなり苦しくなりそうです。
2012010319gm-4.jpg
が、無事チー出来て聴牌です。
1sが生牌なのはちょっと気になりますが、14sは悪く無さそうですかね。

次巡親からリーチ。ツモったのは3s。
2012010319gm-4_5.jpg
2枚見えで筋の3s切り現張り14s待ちとノーチャンス生牌2s切りの西しか残って無い3s西シャボ。
あらゆる意味で3s切りが良いですかね。

1s3枚王牌でしたが、この勝負、勝ったのは私でした。
2012010319gm-5.jpg
ちなみに西も2枚王牌でした。

幸運にもアガることができましたが、
点数状況が違えばこの和了は無かったんじゃないかな、とちょっと思いました。
むしろ7sポンされてたら東で放銃してたしね・・・。

下家さんから出たことで、トップも期待しましたが、
オーラスは対面さんが下家さんに3900点放銃で終了。
3巡目の出来ごとでした。
私は配牌4向聴だったのでむしろ2位でラッキーだったかな。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。