スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

級卓という魔境

 15, 2011 23:39
昔作って、一戦もせずに放置してた雀龍門のアカウントがあるのを思い出して、
せっかくなので牌譜ディスクのもらえる50ポイント貯めるまでやろうと、久しぶりに級卓で打ちました。

以前、天鳳との打ち手比較において、
「級卓と上卓は同じくらいかな?」という趣旨のことを書きましたが、前言撤回です。
雀龍門の級卓は魔境でした。

序盤の中張牌のドラ切り&ドラポンやオタ風、19牌ポンが頻出して場が荒れまくります。
牌譜は取って無いので、ドラ切りやオタ風・19牌ポンをした牌姿は確認しておらず、
打ち方が変わっているのかは全然分かりませんが、役牌バックかと思いきやそうではなく、
何をしているのか分からない謎ポンも多く、振り回されます。
(3連続リーチ一発ツモが発生したり、たんに偏った展開が多かっただけかもしれませんが。)

さらに、親のダブ東ドラ3にも誰もおりてなかったり、
染め色の牌がホイホイ切られたり、手に汗握る展開続きです。
(もちろん、きちんと押し引きを判断されて押してる方、おりている方も沢山いると思いますが)

私は、というと、元々ゼンツ体質なので、一緒になってゼンツしてました・・・。
(なので、別に級卓の方をどうこう言う趣旨で書いているわけではありません。)

不運ラス&ゼンツバカぶっとびラスと、早速2回もラスり、今日はトップ5回、2位1回、ラス2回(うち東風1戦)。
あれだけゼンツしてこの成績はある意味上等かも・・・。
ゼンツした甲斐あって、半荘7戦、和了率脅威の36.765%です。
放銃率は8.824%ですが、平均和了点6092点に対し、平均放銃点8216点と、
押し引き判断していないのがバレバレの7戦でした。

肝心のポイントは現在35ポイント。
副露率44.118%だけあって、ポイント効率悪いです。
そしてやっぱりチャンタ、チンイツ、純チャンが未達成です。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。