スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳・雀龍門比較③ 特長

 07, 2011 04:10
以前の比較がハード面の比較で終わってしまったので、今度はソフト面を比較しようかと思います。

段位やレート、卓分けのシステムについては、色んな所で散々天鳳に軍配があがってるので、それぞれの良さを考えてみました。


【天鳳】
段位・レートシステムが優れているので、オンライン麻雀を趣味の一つとし、とことん打つには最適です。麻雀が好き、純粋に麻雀だけを楽しみたい、という人にも天鳳の方が良いかもしれません。

牌譜を見返すことで迷った場面についてじっくり考えたり、人の観戦をすることで強い人の打ち筋の勉強が出来るので、真面目に麻雀と向き合いたい人にも最適です。

また、雀荘モードのチップあり麻雀もあります。

インストールがいらないので、たまにサクっとやりたい、という人にも良いと思います。


【雀龍門】
視覚的・聴覚的演出が多く、楽しい気分で麻雀が打てます。チュートリアルに役の説明があり、ドラは光って分かりやすく、待ちや場に出てる関連牌も教えてくれるので、麻雀ってちょっと興味あるけどよく分からない、という初心者の方にはかなりお勧めです。

牌譜を見るには課金が必要ですが、無料で残せるデータは雀龍門の方が多く、対戦中、SSは簡単に撮れます。牌譜は別にいらないけど、あがり役の分布や流局時聴牌率など、自分の傾向を知りたい、という方には雀龍門の方が良いかもしれません。段位やレートについてはサンマ、ヨンマ、ありあり、なしなし一緒くたですが、各種データは分けて残ります。

ヨンマの熟練卓では獲得条件を満たすともらえる「称号」というものがあり、順位以外にも目的意識を持てるのはお金のかかっていないネット麻雀ならではの楽しみだと思います。

また、友人卓で仲間内で打てたり、フレンド登録というシステムがあったり、サイト内に各種掲示板があったり、対戦中マクロチャットが使えたり、ネットで麻雀友達を作ったり交流を広めたい方には良さそうです。いずれも使ったことは無いので使用勝手等は分かりませんが。(仲間内で打つだけなら天鳳の個室でも可能だと思います)


雀龍門について長々書きましたが、私は天鳳の方が好きです。

理由は
・段位レートシステムが優秀
・牌譜が無料で見れる
の2点。

でも初めてやったオンライン麻雀が天鳳だったら、こんなにオンライン麻雀にはまって無かったとも思います。

雀龍門の派手な演出が与えてくれるエンタテイメント性のおかげで、オンライン麻雀って楽しい、と思った面も少なからずあるからです。初め天鳳凰をやった時は地味過ぎてつまらなく感じました。

どちらも無料なので、どうせでしたら両方試してみるのが一番かもしれません。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。