雀龍門3⑥ ノーテンリーチ

 30, 2011 00:05
雀龍門3で一番驚いたことは、実はノーテンリーチの仕様だったりします。

私が想定していた「ノーテンリーチ可能」っていうのは、
ナビゲーション無しと連動して、常に「リーチ」の表示が出ていて、
いつでもリーチボタンを押せる、というものでした。

聴牌すると「リーチ」ボタンが出ると、何切れば聴牌か、とか分かっていなくても、
「リーチ」を押せば切れる牌以外、グレーになり、
切れる牌を選ぶと待ちが表示される、というのがこれまでの仕様。

でも、新仕様では常に「リーチ」ボタンが出ていて、
聴牌したかの判断は自分でする必要があるものだと思ってました。

ところが・・・。
実際はこんなふざけたボタンがあったわけです。
(見難いですが、赤丸の箇所です。)
2011y09m29d_230829198.jpg

これってつまり、間違えてノーテンでリーチしちゃう、とかじゃなくて、
敢えてノーテンリーチをする時に使う、ってことですよね。
「ノーテンリーチ可能」はそのままの意味でした。

ようは、戦略として使えってことだと思うんですけど、
リーグ戦って、順位戦じゃないですよね。
順位も関係ありますが、一応点数も関係ある。
万一流局したら満貫支出。

ノーテンリーチが戦略として成り立つ局面ってどんな時なんでしょう?

他家に早和了させたい時?
う~ん。
私はいつでも早和了したいけれども・・・。
ラス目が3着目と点数広げられないために一か八かで打つの、かな??

満貫出費でもトップ維持できるダントツトップのオーラス、
親は他家と競ってて攻めにくい状況、とかって?
う~ん。

競技ルールは、一発・裏・赤が無いので、和了点が結構低い。
満貫の和了ってそんなに無い。
たまたまかもしれませんが、ハネマンに至っては3戦で一度も遭遇しませんでした。
わざわざノーテンリーチするくらいなら親以外に差し込んだりする方が
出費は少なそうだから、やっぱり無いかな?
他家同士が競ってる状況ならなおさら、わざわざ満貫手作ったりしないと思いますし。

他には極位の方がどうしても一定の順位を確保したい、みたいな状況?
それでもどう考えてもノーテンリーチ>差し込みorベタオリな気がしますね。

やっぱりラス目の博打打ちしか無いのかな・・・。
ちょっと私の頭では分かりません。

まぁ、リーグ戦やる予定もないですけど・・・。

しつこいけど・・・
聴牌時ノーテン宣言は、通常ルールにも欲しかったかもね・・・。
(ノーテンリーチは、多分翻弄される方だから、イヤ。)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?