スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀龍門3③ リーグ戦の感想

 28, 2011 02:16
元々競技ルール採用の時点で興味の無かったリーグ戦ですが、
実装されて、実戦してみて、やっぱり興味無いという結論になりました。

ルール自体、運の要素を極力排除したルールとは思えませんでしたが、ルール以前に、
一番の問題は仕様として、大きな矛盾を抱えていること。
公式ページには、
雀龍門リーグは、麻雀における「運」の要素を最大限排除しを「実力」競うモードです。
とありますが、であれば、通算の平均獲得点であったり、通算の平均順位であったり、
より「実力」の分かる指標で優劣を争うべきです。
肝心の評価軸に「最も好成績だった5連戦」っていう「運」の要素を持ち込んでどうする。

題目とは矛盾した仕様にしたのは、当然課金を増やすためでしょう。
別に課金を増やすための企業努力をするのは全然いいと思います。
でも、課金させたいからって、行き過ぎた仕様な気がします。
これ、例え競技ルール大好きでも、麻雀をよくやる人にはなかなか受け入れないんじゃないでしょうか。
「実力」によりこだわりたいと思うタイプの人ならなおさらそうな気がするんですけど・・・。

雀龍門のこれまでのイベントも、私は好きじゃありませんでした。
手役絡みのイベントであったり、和了点と放銃点絡みの企画であったり、
放銃回数を競うイベントであったり、三麻で北抜いた数を競うイベントであったり。
ネット麻雀は「順位」を競うものです。
でも、イベントでそれが主眼に置かれることはありません。
これまではそういうのは、初心者救済というか、まだ麻雀を始めて間もない方でも、参加できて、
順位以外にモチベーションを持てるように、敢えてそうしてるのかな、って思ってました。
でも今回のリーグ戦の仕様を見る限り、単に雀龍門の企画者が
ネット麻雀が分かってないだけなのかな、って思います。

課金者を何パーセントと考えて作られた仕様か分かりませんが、
この仕様だと、無課金派の人がやる意味がほとんど無い、というのが問題です。
通算成績であったりすれば、無課金派の人でも
最初の5戦くらいはやってみよう、という気になると思うのですが、
連続した5戦の成績を競い、さらにクラスの維持には次の集計期間の5戦の成績も関係ある、
という仕様だと、課金者との差が付き過ぎて、
無課金派の人は、最初の5戦すら、相当ヒマじゃないとやらないんじゃないでしょうか。

でも九段以上の方は、極位獲得・維持のために無課金でもリーグ戦やる意味あるのかもですね。
無課金だと、地道に5戦づつこなして何とか極位を上げていく感じなのかな??

ショップが新装された今も、
「リーグ参加券(初段以上使用可能、有料)」「リーグ挑戦券(初段未満使用可能、有料)」が
無いように思います。
ので、この参加券・挑戦券がいくらになるか、私には分かりません。

今ショップに参加券・挑戦券が並んでないのは、
今ログインするともらえる14日間リーグ戦参加し放題の「リーグ自由券」で、
参加状況も見ながら価格設定する感じなのでしょうか。
これまでの傾向から言って、バカ高い設定になる気がします。

とにかく、無課金派で五段の私は、リーグ戦は今日の3戦で終了予定です。
明日は時間があったら公式戦をやって、幻宝とかに触れてみたいです。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。